ペットの土葬

ペットの遺体を安置することができたら、次はどのように弔うかを決めなけらばなりません。具体的に土葬または火葬のどちらかの方法で葬儀を行うということになります。最近では住宅事情などから火葬を選ばれる方が圧倒的に多くなってきています。ここでは、火葬での葬儀を考えている方に役立つペット火葬の基礎知識と土葬を選ばれる場合の注意点を解説していきます。


ペットが亡くなってしまった場合には、ペットの亡骸は飼い主が責任を持って葬ってあげる必要があります。今まで一番一般的な葬儀方法は、自宅の庭に埋めて土葬にするという方法した。自分達で穴を掘って、手作りのお墓を作って葬ってあげれば、ペット達もきっと喜ぶはずです。ずっと家族の側にいることができるのはペット達も飼い主も安心できます。


しかし、この方法での葬儀つまり、土葬は他の野生動物に掘り返される危険性があり、深い穴を掘れる広い土地がを持っていない場合は難しいといえるでしょう。また、土壌や水質の汚染に影響がないようにも配慮しなければなりません。さらに、現在はマンションやアパート暮らしの方が多くなってきています。このような住まいでは穴を掘れる場所を確保するのはほぼ無理です。自分の土地以外に埋葬するのは法律で禁止されているので、空き地や公園に埋葬することもできないのです。このような現状を考えると自宅に埋葬する場合でも、一旦火葬してから埋葬された方が良いという結論になるのです。火葬すれば、ベランダやお部屋にお骨を置くことができ、深い穴を掘る必要もありません。



ペット葬儀を自治体に依頼する

また、どうしても葬儀が行得ない場合は、自治体でもペットのご遺体の引き取りをしています。しかし、ほとんどの所では、ペットのご遺体を焼却処分するという方法をとっているため、手厚く葬るということからはかけ離れていると言わざるをえません。例えば、東京都品川区では、「有料ごみ扱い」という形をとり、清掃局が引き取りをしいますし、品川区の場合、費用は一体につき2,600円で、お骨の返却はありません。それでも、合同火葬、合同葬儀をしてくれるというのが救いですね。とはいっても、このペット葬儀の方法は自治体によって様々で、ペット霊園に委託している所や、ペット専用炉で火葬してお骨を返してくれる所もありますので、一度住んでいる地域の役所で確認してみるのが良いと思います。担当は清掃局や、環境衛生課などとなります。もしも、ペットの事を考えた対処をしてくれる自治体であれば依頼してみるのも1つの手だと思います。




ペット葬儀専門業者に依頼する

家族の一員としてペットと付き合い、愛情をかけてきた分、ごみとして扱われるのに抵抗があるのは当然です。人間と同じようにきちんと葬儀を上げ供養してあげるのが一番です。このように思われる方は迷わずペット葬儀の専門業者に依頼しましょう。葬儀はもともと、亡くなった者のというよりは、残された者のために行うという意味合いが強く、残された人々が死の事実を心の中で受け止め、位置付け、対応する。この心の一連の動きを援助する儀式が葬儀ということができるのです。ペットが愛おしいあまり、その死をきちんと受け止めることが出来ず、うつ症状や睡眠障害などのペットロス症候群と呼ばれる症状に苦しむ飼い主の方もいますし、それが初めてペットを亡くすという方ならなおさらです。きちんとした葬儀を上げ、供養をすることは、ペット達のためだけではなく、飼い主の気持ちの切り替えをするためにも大事なことだなのです。




Favorite

最終更新日:2016/8/3

ページトップへ