ペットの火葬

ペットの遺体を安置することができたら、次はどのように弔うかを決めなけらばなりません。具体的に土葬または火葬のどちらかの方法で葬儀を行うということになります。最近では住宅事情などから火葬を選ばれる方が圧倒的に多くなってきています。ここでは、火葬での葬儀を考えている方に役立つペット火葬の基礎知識と土葬を選ばれる場合の注意点を解説していきます。


火葬による葬儀を行う場合は、まずペット葬儀を行っている業者に連絡するところから始まります。業者の探し方としては、タウンページを使えば乗っているでしょうし、かかりつけの動物病院があればそこから紹介して貰うという方法もあります。知り合いの飼い主さんやインターネットの口コミ情報から探すのもよい方法です。


家族がいる場合は一人で何もかも決めるのではなく家族で葬儀の日取り、ご予算、葬儀へのご希望などを話し合った上で連絡するのが良いでしょう。また、連絡する時には、必ず要望や疑問点などを箇条書きにしたものと、筆記用具を用意して下さい。余裕があれば、もしもの時に備えて事前に葬儀業者やペット霊園の情報を調べたり、見積もりを出してみると良いでしょう。また地元ではなく大阪や埼玉で葬儀をするなら、友人・知人などから情報を提供してもらうことも必要です。このような詮索は不謹慎だと思う方もいるかもしれませんが、事前に準備をすることで、慌てることなく、飼い主様のご希望にあった葬儀社を探すことが出来るので、情報集めはやった方がいいのです。



ペット火葬の種類

ペット葬儀専門業者に葬儀を依頼する場合には、大きく分けて4種類の葬儀の種類があります。




合同葬

僧侶が読経をして葬儀が終了したあとにお別れし、その後、他のペットと合同で火葬します。火葬が終わると寺院で納骨しお墓に入れて供養します。この合同葬では、お骨を拾うことや火葬に立会うことはできません。




個別葬

こちらも、僧侶が読経し葬儀終了後、個別に火葬します。その後、納骨しお墓に入れて供養しますが、お骨上げは業者が行います。この個別葬儀では納骨をせずに、お骨を持ち帰ることが可能です。




立ち会い葬

僧侶が読経し葬儀終了後、個別に火葬されます。この葬儀方法では、希望者はご自身でお骨上げをすることも可能で、もちろん、お骨を持ち帰ることもできます。




自宅葬

この葬儀方法では、自宅に移動火葬車で出張してもらい、葬儀、火葬を行います。お気に入りの散歩コースなど思い出の場所で火葬することもでき、人気があります。しかし、ずさんな設備しか持ち合わせていない業者もあり、悪臭や煙でご近所とトラブルになったりして、問題になるケースもあります。自宅での訪問火葬を選ぶ際には、きちんとした設備と技術を持った業者を選ぶことが絶対条件といえます。


と、大体どの業者に頼んでもこの4つの方法のどれかを選ぶことになると思います。中でも一番人気があるのが、立ち会い葬です。やはり、ご家族でお骨上げができ、お骨を持ち帰ることができるのが良いのでしょう。また最近では、ペットの葬儀に知人やペットと親しくしてくれた人を呼ぶことも珍しくなくなって来ています。ご近所の散歩仲間などが来てくれたら、ペットもきっと喜んでくれるでしょう。このような場合には、自宅に祭壇を設け、僧侶による読経後、火葬をするというサービスもあります。




recommend

2015/2/3 更新

ページトップへ